RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Books Blog (Arts&Books 読書会)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の読書会など
第58回読書会『テンペスト』
0
    第58回読書会は9月4日(土)に実施し、
    シェイクスピア『テンペスト』をとりあげましょう。

    【 日にち 】 9月4日(土)
    【 集 合 】 16:45に高田馬場駅BIGBOX前
    【 場 所 】 喫茶店か喫茶店個室
    【 費 用 】 喫茶代+室料(300円前後)
    【テキスト】 シェイクスピア『テンペスト』
      ※ テキストはあらかじめ読んできてください。

    『テンペスト』はシェイクスピア単独で執筆した戯曲としては最後の作品。
    孤島、魔法、妖精、嵐と想像力全開で、ときに彼の最高傑作と評されることも。

    読みやすくて訳注も充実の松岡和子訳(ちくま文庫)でも、
    オーソドックスな小田島雄志訳(白水社Uブックス)でもOK。

    作品の概要は下記のとおり(ちくま文庫裏表紙より)。
    弟の奸計により、地位を奪われ、娘ミランダとともに孤島に流されたミラノ大公プロスペロー。歳月を経て秘術を身に付けた彼は、ある日魔法の力で嵐を起こす。彼を陥れた弟とナポリ王、王子を乗せた船は難破し、孤島へ。そこでミランダとナポリ王子は恋に落ち、プロスペローは妖精を操って公国を取り戻す。詩的音楽性と想像力に満ちた作品を、評価高まる新訳で。
    初参加のかたもお気軽にどうぞ。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・2〜3年生以上・他大生・大学院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
    参加連絡はなるべく8月30日までに(キャンセルは読書会当日までOK)。

    テンペスト
    | 読書会 | 00:00 | - | - | - | - |
    第57回読書会『灯台へ』
    0
      第57回読書会7月31日(土)に実施し、ウルフ『灯台へ』をとりあげましょう。
      なお、読書会後には花火大会鑑賞会も実施しましょう(詳細はメーリングリストで)。
      読書会のみ、花火大会のみの参加も歓迎。


      【 日にち 】 7月31日(土)
      【 集 合 】 14:00に高田馬場駅BIGBOX前
      【 場 所 】 喫茶店か喫茶店個室
      【 費 用 】 喫茶代(場合により300円前後の室料も)
      【テキスト】 ウルフ『灯台へ』

      ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』(岩波文庫など)は、「意識の流れ」などの技法を駆使し、ジョイスと並び称されるモダニズム作家の代表作。
      6月に完結した「11ヶ月で55作の名著を読む会」の55作にも選ばれた、Arts&Books的必読書のひとつ(河出書房新社の世界文学全集にも収録)。

      作品の概要は下記のとおり(岩波文庫表紙より)。
      「スコットランドの孤島の別荘。哲学者ラムジー氏の妻と末息子は、闇夜に神秘的に明滅する灯台への旅を夢に描き、若い女性画家はそんな母子の姿をキャンバスに捉えようとするのだが――第一次大戦を背景に、微妙な意識の交錯と澄明なリリシズムを湛えた文体によって繊細に織り上げられた、去りゆく時代への清冽なレクイエム」
      初参加のかたもお気軽にどうぞ。

      参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
      新入生・2〜3年生以上・他大生・大学院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
      参加連絡はなるべく7月26日までに(キャンセルは読書会当日までOK)。

      灯台へ    灯台へ 世界文学全集
      | 読書会 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      第56回読書会「小説を読む/語る2010」
      0
        第56回読書会7月11日(日)に実施しましょう。
        今回は去年好評だった「小説を読む/語る」の2010年度版(去年の詳細はこちら)。
        前期末の近い学生の文学系レポート支援も兼ねつつ。サブテキスト未読の参加も歓迎

        【 日にち 】 7月11日(日)
        【 集 合 】 16:15に高田馬場駅BIGBOX前
        【 場 所 】 喫茶店か喫茶店個室
        【 費 用 】 喫茶代(場合により300円前後の室料も)
        【サブテキスト】 『大学教授のように小説を読む方法』

        今回はいつもとは違ったかたち。

        前半では、院卒者が講義風に発表。
        小説の読みかた/語りかたを理論と実践の両面からふりかえり、さらに充実させましょう。文学理論、テクスト論、読者論などをコンパクトに概観したり、読み/語りを深めるポイントを押さえたり。

        後半では、サブテキストのエッセンスを確認しながら、全体で歓談。
        トーマス・C・フォスター『大学教授のように小説を読む方法』(白水社)は、アメリカでロングセラーの、講義録風の読みかた指南書。各章の題からしてユーモアたっぷり。読みやすくて学ぶところ大の一冊。
        こちらの2ページ目を参考にどうぞ。

        量を読みこなした多読会につづく、読みの質を高める新企画のイントロにもなるかも。

        参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
        新入生・2〜3年生以上・他大生・大学院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
        参加連絡はなるべく7月6日(火)までに(キャンセルは読書会当日までOK)。

        大学教授のように小説を読む方法
        | 読書会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        第55回読書会『塩狩峠』
        0
          第55回読書会5月30日(日)に実施し、三浦綾子『塩狩峠』をとりあげましょう。

          【 日にち 】 5月30日(日)
          【 集 合 】 16:15に高田馬場駅BIGBOX前
          【 場 所 】 喫茶店か喫茶店個室
          【 費 用 】 喫茶代(場合により300円前後の室料も)
          【テキスト】 三浦綾子『塩狩峠』(新潮文庫)

          クリスチャン作家として知られる三浦綾子(1922〜1999)の代表作をとりあげましょう。
          先入観にも作者の意図にもとらわれずに、作品そのものや読書そのものを楽しみましょう。

          作品の概要は下記のとおり。
          結納のため札幌に向かった鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた……。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。
          初参加のかたもお気軽にどうぞ。

          参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
          新入生・2〜3年生以上・他大生・大学院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
          参加連絡はなるべく5月25日までに(キャンセルは読書会当日までOK)。

          塩狩峠
          | 読書会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |