RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Books Blog (Arts&Books 読書会)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の読書会など
<< 『ノルウェイの森』散歩2 | main | 第41回読書会『グレート・ギャツビー』 >>
第40回読書会『ゴドーを待ちながら』
0
    第40回読書会は、9月6日(土)に実施しましょう。

    【集合】 16:15に高田馬場駅BIGBOX前
    【場所】 高田馬場駅周辺の喫茶店など
    【テキスト】 ベケット『ゴドーを待ちながら』

    古典・名著読書
    テキストはS・ベケット『ゴドーを待ちながら』(白水社,原著1952年)
    今回は戯曲を読みましょう。演劇台本ですので、テンポよく短時間で読めます。
    神なき世界の不条理で無意味な戯れを描く、現代演劇最大の傑作または問題作。
    ちなみに、前回のテキスト『スカイ・クロラ』にも「ゴドーを待っている」かのような人物が登場。

    以下、作品の紹介(『必読書150』より)。
    ジョイスの後に小説を書くことが不可能であるかに見えたそのとき、ジョイスの弟子たるベケットは、『モロイ』『マロウンは死ぬ』『名づけえぬもの』の三部作によって、小説の終わりなさを証明してみせた。『ゴドー』は、三部作執筆中のベケットが、「息抜き」として書いた戯曲であり、二人のホームレスが「神(ゴッド)」の寓意とも評されることのある「ゴドー」を待ちながら、ほとんど吉本のマンザイとみまがう会話を延々と続けるというものだが、今に至る現代演劇に決定的な影響を与えた。事実、漫才コンビからさまざまな実験劇団まで、多くの者が『ゴドー』上演を試みている。(絓秀実)
    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。


    ゴドーを待ちながら
    | 読書会 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://b.artsbooks.jp/trackback/1166862