RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Books Blog (Arts&Books 読書会)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の読書会など
<< 第56回読書会「小説を読む/語る2010」 | main | 第58回読書会『テンペスト』 >>
第57回読書会『灯台へ』
0
    第57回読書会7月31日(土)に実施し、ウルフ『灯台へ』をとりあげましょう。
    なお、読書会後には花火大会鑑賞会も実施しましょう(詳細はメーリングリストで)。
    読書会のみ、花火大会のみの参加も歓迎。


    【 日にち 】 7月31日(土)
    【 集 合 】 14:00に高田馬場駅BIGBOX前
    【 場 所 】 喫茶店か喫茶店個室
    【 費 用 】 喫茶代(場合により300円前後の室料も)
    【テキスト】 ウルフ『灯台へ』

    ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』(岩波文庫など)は、「意識の流れ」などの技法を駆使し、ジョイスと並び称されるモダニズム作家の代表作。
    6月に完結した「11ヶ月で55作の名著を読む会」の55作にも選ばれた、Arts&Books的必読書のひとつ(河出書房新社の世界文学全集にも収録)。

    作品の概要は下記のとおり(岩波文庫表紙より)。
    「スコットランドの孤島の別荘。哲学者ラムジー氏の妻と末息子は、闇夜に神秘的に明滅する灯台への旅を夢に描き、若い女性画家はそんな母子の姿をキャンバスに捉えようとするのだが――第一次大戦を背景に、微妙な意識の交錯と澄明なリリシズムを湛えた文体によって繊細に織り上げられた、去りゆく時代への清冽なレクイエム」
    初参加のかたもお気軽にどうぞ。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。
    新入生・2〜3年生以上・他大生・大学院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
    参加連絡はなるべく7月26日までに(キャンセルは読書会当日までOK)。

    灯台へ    灯台へ 世界文学全集
    | 読書会 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    管理者の承認待ちコメントです。
    | - | 2010/08/20 9:53 PM |










    http://b.artsbooks.jp/trackback/1595925