RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Books Blog (Arts&Books 読書会)

美術鑑賞と読書会のサークル “Arts&Books” の読書会など
<< 「ギリシア悲劇をすべて読む」 記録 | main | 第33回読書会「ズレ」 >>
第32回読書会「キャラクター」
0
    第32回読書会は、10月8日(月・祝)に実施しましょう。

    【集合】 15:30に高田馬場駅BIGBOX前(前の時間に批評研究会第3期第2回)
    【場所】 高田馬場駅周辺の喫茶店
    【テキスト】 東浩紀・桜坂洋「キャラクターズ」(2007年)

    今回はテーマ読書。テーマは「キャラクター」
    テキストは東浩紀・桜坂洋「キャラクターズ」(文芸誌『新潮』2007年10月号に掲載)
    前回は古代ギリシアの古典・名著を取り上げましたが、今回は現代日本の最先端の話題作を取り上げましょう。
    内容の詳細は不明ですが、「メタ小説」とのことです。そして、タイトルからおそらく、「キャラクター」がキーワードかと思われます。著者のひとり、東浩紀の発言を参考にどうぞ。

    テキストは、図書館で読むか、売り切れる前に『新潮』の最新号を買って読むなどしてください。
    余裕のあるかたや興味のあるかたは、東浩紀の理論的な著作『動物化するポストモダン』『ゲーム的リアリズムの誕生』もどうぞ。どちらも読みやすい新書です。

    参加希望のかたはinfo@artsbooks.jpまでご連絡ください。はじめてでも気軽にどうぞ。
    一年生・二年生以上・他大生・院生・社会人etc.、どなたでも歓迎します。
    | 読書会 | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    読書会は勉強になりました!
    もっと賢くなりたいと小学生のように
    思いましたw

    ギリシア悲劇も人生の解釈に豊かさを
    与えるようですね。
    参加してないけど、奥の深さを垣間見ました。

    またいろいろイベントを考えたいものです。

    | AT | 2007/10/10 11:43 PM |

    >ATさん
    読書会、おつかれさまでした。
    ぜひいろいろ企画してください。
    楽しみにしています。
    | igarashi | 2007/10/13 8:02 PM |










    http://b.artsbooks.jp/trackback/787683